ED(勃起不全)であることで、夫婦間のコミュニケーションへの障害や妊娠に与える影響が特に問題視されます。特に子供がほしい夫婦にとっては大きな問題でしょう。当サイトではEDが妊娠に与える影響について詳しくまとめております。

EDについて考える夫婦と妊娠中の女性の写真

セックスレスの原因にもなるEDとシリコンボール

シリコンボールは亀頭の部分を大きくするために挿入するもので、美容外科や形成外科で外科手術を受けなければならないので、経験豊富な医師のいる病院を選ばなければなりません。シリコンボールは亀頭が小さくて自信が持てずにEDになっている人に効果的で、亀頭を大きくすることで女性器に挿入した時の感覚が良くなるので、より満足度の高いセックスが出来るようになるので、EDの原因となる不安を解消してパートナーとのスキンシップにも積極的になれるのでセックスレスを予防することができます。またシリコンボールを埋め込むと亀頭の形が整うので見栄えも良くなって自分の性器に自信が持てるので、EDによる早漏や勃起障害が改善される可能性もあります。セックスレスは定期的にスキンシップをしていない夫婦に多いとされていて、セックスを定期的にしている場合にはほとんど起こらないとされています。妻の妊娠などで長期間セックスをしていないと、必要性を感じなくなってしまうので、セックスレスになる確率が高くなるので、産婦人科などでは妊娠中のスキンシップの方法などを妊婦やその夫にレクチャーする場合もあります。妊娠中は膣内に挿入するのはリスクが高いので、オーラルセックスなどで射精をするのが良いとされていて、お互いの性欲を満たすことで将来的なセックスレスやEDのリスクを低下させることができます。EDは勃起を維持することができないので、勃起改善薬などを服用して一定時間維持できるようにしますが、医療機関で処方される薬は1錠あたり1500円から2000円するので、毎回使用していると数万円に費用を負担しなければなりません。しかし個人輸入でジェネリック医薬品を購入すると半額以下で手に入れることができるので、家計の負担を少なくできます。