ED(勃起不全)であることで、夫婦間のコミュニケーションへの障害や妊娠に与える影響が特に問題視されます。特に子供がほしい夫婦にとっては大きな問題でしょう。当サイトではEDが妊娠に与える影響について詳しくまとめております。

EDについて考える夫婦と妊娠中の女性の写真

EDのチェックリストと胎児への影響

EDチェックリストを利用することで自分の症状がどの程度まで進んでいるのか確認することができますが、基本的にはストレスなどが原因となっているので仕事や家庭でのストレスやセックスに対する思い込みなどをチェックリストで確認することによって根本的に症状を改善することができます。EDは勃起不全ですが、維持をするのが難しいだけで勃起することは可能になっているので、ペニスの血液の量を増やすだけで改善することができます。勃起改善薬はペニスの血液の量を増加させる効果があるので、勃起状態を持続することができて、満足度の高いセックスをすることができます。しかし効果は数時間なので、毎回服用しなければならなくなります。EDチェックリストを利用して原因を知ることができれば正しい対処法によって根本的に症状を改善することができますが、そのためには心理療法などによってセックスに対する考え方を変える必要もあります。ED改善薬の胎児に対する影響に関しては薬が精子を変化させるのかを知ることが重要なのですが、勃起改善薬は血圧を下げる薬なので精子を変化させる影響はありません。胎児は母親のお腹の中で栄養を吸収するので、母親が薬を服用していると影響を受ける可能性もありますが、父親の場合は特殊な薬以外は影響を与える心配はありません。一部の薬は男性の精子に影響を与えるので胎児に悪影響をおよぼす可能性がありますが、影響を受けた精子が受精する確率は非常に低いことから先天性の病気のリスクは低いとされています。ED治療薬は勃起を改善するものが多いのですが、ほとんどのものはペニスの血液量を増やす効果しかないので、血圧を下げる以外の副作用も起こりにくいとされています。