ED(勃起不全)であることで、夫婦間のコミュニケーションへの障害や妊娠に与える影響が特に問題視されます。特に子供がほしい夫婦にとっては大きな問題でしょう。当サイトではEDが妊娠に与える影響について詳しくまとめております。

EDについて考える夫婦と妊娠中の女性の写真

ED治療薬の正規品と健康保険の適用

ED治療をする場合には健康保険の適用外なので、薬などを処方された場合には1万円程度の費用がかかりますが、インターネットなどでジェネリック医薬品を購入することで費用を安くすることもできます。この時に大切なのはその薬が正規品かどうかを確かめることで、これに関しては信頼できる個人輸入業者を通じて購入するしか方法がないので、確実に正規品を販売している業者を見つけるしか方法はありません。EDの治療は診療費や薬代など全てについて自己負担となっているので、保険が適用される部分がありません。薬に関してはジェネリック医薬品メーカーが製造している正規品を手に入れることができれば、有効成分が同じで値段が安いもの購入できますが、偽物の購入するリスクがあるので、慎重に業者を選ばなければなりません。EDは完全に勃起ができない病気ではないので、健康保険の適用を受けることができませんが、クリニックなどに通院をしても根本的に治療をするのは難しいので、インターネットで薬を購入するだけでクリニックには通院しない男性も多くなっています。EDの薬は1錠あたり2千円程度の価格で販売されているので、1度通院するだけで最低でも1万円から2万円の費用が必要となります。この他に血液検査や心電図などの検査をする場合があるので、費用はさらに高くなる可能性があります。ED治療の料金が高額なために、予算の確保が難しい人はインターネットでジェネリック医薬品を購入するだけで済ませる人も多くなっています。EDは精神的なストレスが原因なので、血液検査などに問題がなければ抗不安薬などの投与で治療がされるので、糖尿病などの特別な持病がない場合には勃起改善薬の服用だけでも十分に対応することができます。