ED(勃起不全)であることで、夫婦間のコミュニケーションへの障害や妊娠に与える影響が特に問題視されます。特に子供がほしい夫婦にとっては大きな問題でしょう。当サイトではEDが妊娠に与える影響について詳しくまとめております。

EDについて考える夫婦と妊娠中の女性の写真

EDで発生する夫婦間のトラブル

夫婦間における性交渉に対する考え方は一律ではありません。
そしてそれは、夫婦間でも異なることがあります。
夫にEDが出てきた場合、そのことが夫婦間の性交渉に対する考え方の違いを明らかにし、そしてそれがトラブルの発生につながることも考えられます。
また逆に、考え方の違いが夫のEDの原因になることもあります。
これはたとえば、心因性のEDに多いケースで、性交渉がプレッシャーになっている、子作りを望む妻に対して夫はどうしてもそうした気持ちになれないと言ったことが考えられます。
そしてEDによって発生しうる夫婦間のトラブルとしては、次のようなものが考えられます。まずは夫婦間に距離が生まれると言うトラブルです。
特にこれは、夫側がEDを妻に話さないまま性交渉だけを拒むと言う場合に生まれやすいトラブルです。
またEDと言うことが分かっていても、妻がどうしてもそれを理解できない、受け入れられない、そのことが原因で子供を授かることができない、それを受け入れられないと言うのも、夫婦間の心の距離を遠くする要因になることも考えられます。
そうした心の距離が離れていくことが大きなストレスとなり、夫側が妻に暴力を振るう、妻側が夫とは別の男性と性交渉を持つと言う具体的なトラブルも、EDを原因として発生しうるトラブルのひとつに挙げられます。
夫婦が離婚する原因を説明する際には、性格の不一致と言う言葉が頻繁に使用されます。
しかし最近では、性の不一致と言う言葉も使用されるようになってきています。性交渉に対する考え方の違いが、離婚の原因になっていると言うわけです。
そしてその性の不一致を生み出す要因のひとつにEDが存在しているケースも少なくはありません。
ですから夫婦間において、性交渉に対しての考え方を話し合っておくのはとても大切なことです。